Thinker!

学校教育とオンライン授業のこれからを考えよう

2020/06/18

新型コロナウイルスの感染拡大が世界的な問題になってから、「オンライン授業」が注目されています。日本では緊急事態宣言は解除されたものの、第二波の可能性は否定できません。

学校現場は、緊急事態宣言によって休校を余儀なくされましたが、このことによって分かったことが一つあります。それは、学校教育が「オンライン」に対応できなかったということ。今回は、学校教育におけるオンライン授業の「これから」を考えていきましょう。

 

「紙」に頼りがちな学習環境

 

学校現場、特に小学校ではプリント学習やドリル学習が中心です。教科書、副教材、テスト…、ありとあらゆるものに紙が使われています。紙のメリットは、子供たちが頑張った結果が視覚だけでなく手で触れることで実感を増すことにあることが考えられますが、その分教師への一定の負担がかかっていると言えるかもしれません。印刷したり、実際に物理的なプリントなどを運んだり配ったり丸つけをしたりする必要があるためです。

現在の教育は「100年前の教師でも何ら問題なくできるだろう」と言われるほど変化がないことも世間では言われて続けていますが、やはりオンラインに置き換えてほしいというニーズも徐々に強まってきています。

 

EdTechが教育を助けてくれる

 

そんな教育業界を助けてくれるのがEdTech(エドテック)です。EdTechは教育とテクノロジーを掛け合わせた造語で教育領域にイノベーションを起こすビジネスやサービスなどの総称です。EdTechは先端技術(VRやAR)はもちろんのことアプリやソフトなどの活用も含まれ、これからの教育が大きく変化する可能性を示唆しています。

例えば、登校日は半日だけになり、オンラインで済ませられる授業は全てオンラインで行う形に代替することで、教師や子どもたちの負担は減る可能性が十分にあります。外部講師(英語教育をアメリカ人に協力を依頼することや、IT教育を世界的に活躍している人に依頼するなど)へ授業を依頼するハードルやコストが減らせそうな気もしてきますよね。

 

オンラインに頼ってはいけないところ

 

ここまで学校教育についてITに頼れるところや頼るべきところについて考えてきましたが、100%ITに頼るべきではありません。日本では集団行動やコミュニケーションを重視している国であることもそうですし、面と向かって直接伝えることが大切な授業(音楽や体育、道徳的など)の存在からオンラインに代替すべきでない教科も十分に考えられます。相性というものがありそうですね。

 

今後の課題

現在、各学校の地域性や、その学校に通う生徒児童の家庭環境によって、オンライン環境が統一できない部分はどうしてもあります。そういった各環境に依存する課題をどのように解決し、平等に教育が受けられる未来をどうやって引き寄せるかを考えていく必要があります。

国を上げてEdTechの実現を推し進めていく必要性が浮き彫りになっていると言えそうですね。これからの学校における教育環境の進展に期待しましょう。学校からの助成など、どのように実現していくかは行政機関の腕の見せ所ですね。

 
国内初、micro:bitを使った小・中学生のためのオンラインプログラミングスクール

この記事を書いた人

ブログ - ピックアップ