Thinker!

この時期、よそ子はどんな教材で勉強しているの?

2020/05/09

たまにスーパーに買い出しに行った時に見かけた書籍コーナーでは、学習ドリル、学習教材が山積みにされていました。学校から宿題らしきものが何も渡されていない今、うちの子に何を勉強させればいいの?よその子はどうやって勉強しているの?と思っていらっしゃる親御さんはとても多いと思います。

 

学校休校の影響で、自宅学習教材を購入する人が増えているという結果がYahoo!の調査で判明しました。

外出できない今、こういうものを買うのはネットショッピングしかありませんから、このデータは、ほぼ全国の子供たちの状況だと考えてもいいのではないかと思います。

 

Yahoo!から2020年4月10日に発表された調査結果によりますと、自宅で学習や運動をする商品の人気が高まっているということが分かりました。

前年に比べると、プログラミング学習玩具(教材)は3.2倍、小学生向けの参考書は2.4倍の売れ行きという結果になりました。

プログラミング学習玩具(教材)の値段は17,000~27,000円台で、いずれも自分でロボットを組み立てて、その動きをプログラミングするというものでした。

 

また、小学生向けの参考書は、1位から3位までどれも「ドリルもの」でした。一学年の総復習をするものや、教材という堅苦しいものではなくイラストが多く楽しめるものに人気が集まりました。

 

このアンケートから見えてくるもの

 

プログラミング玩具への人気の原因は、4月から小学校でプログラミングの授業が始まることがきっかけです。

そして、さらに深読みをしますと、学校でプログラミングの授業の準備できていないというニュースを見て、自主学習させたほうがいいのではと考える親御さんが増えていることも一因かと思われます。

 

無料学習か、有料学習か

 

無料のプログラミング学習サービスが昨年から増えてきましたが、お金をかけてプログラミングを学ばせようと

考える親御さんが増えてきました。

2020年3月に発表されたソニー生命保険による「子供の教育式に関する調査」によりますと、

プログラミングにお金をかけたい、という回答は、45.6%となりました。

「英語教育にお金をかけたい」という回答が58.1%です。
あれほど重要性が叫ばれていて何十年も人気のある英語学習58.1%、そして近年脚光を浴び始めたプログラミング学習が45.6%です。

このアンケート数字から、プログラミングを本格的に学ばせたいという意識が高く、質の高い有料サービスを選びたいと考える人が増えたということが見えてきました。

 

お子さんの教材を選ぶ参考にしてただけますでしょうか。

 

 

 
国内初、micro:bitを使った小・中学生のためのオンラインプログラミングスクール

この記事を書いた人

ブログ - ピックアップ
さっそく始めてみよう!!
Let's get started
キャンペーンのご登録はこちら