Thinker!

国際化学オリンピックに、日本人高校生4名が「銀」獲得

2020/07/31

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高校生4名が、全員銀メダルを獲得したことを「夢・化学-21」委員会、日本化学会と共同で発表しました。この成績を踏まえ、4名に文部科学大臣表彰が授与されました。

国際化学オリンピック(IChO:International Chemistry Olympiad)は、1年に1度開催される「化学」の国際大会。1968年に東欧3か国(ハンガリー、旧チェコスロバキア、ポーランド)で第1回大会が開催され、今回で52回目となります。世界の高校生が一堂に集まり、化学の実力を競うと同時に親交を深めるのが目的です。

大会期間中は、試験だけでなくエクスカーションというプログラミが用意されており、その内容はスポーツやゲームなど開催国独自の文化を体験するものまで多岐にわたっています。これらのエクスカーションを通して他国の参加者と交流を深めることができます。

試験では、生徒らがそれぞれ5時間の実験課題と理論問題に挑戦します。成績優秀者には金メダル(参加者の約1割)、銀メダル(同約2割)、銅メダル(同約3割)が授与されます。日本は2003年のアテネ大会より参加しており、毎年4名の高校生を派遣しています。

国際化学オリンピックに派遣される各国の代表生徒は4名までと決められています。それぞれの国で開かれる何段階かの選考会の成績優秀者から選ばれています。

日本では、オリンピックの前年度に開催される「化学グランプリ」に参加して、中学3年生から高校2年生の中で上位の成績を上げるか、日本化学会の支部からの推薦によって代表候補になることができます。選抜は、毎年1月の筆記試験と3月に開催される選抜合宿での選考を行って、代表生徒を決定しています。

 

今年2020年のトルコ・イスタンブール大会は、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンラインにより開催され、60か国・地域から235名の生徒が参加しました。日本からは、麻布高等学校3年の相哲人さんと久留米大学附設高等学校3年の柴山礼寛さん、南山高等・中学校女子部2年の林璃菜子さん、灘高等学校2年の吉田悠真さんが参加し、4名全員が銀メダルを獲得しました。

文部科学省では、国際的な科学技術コンテストで特に優秀な成績をおさめた者に文部科学大臣表彰を行っています。このたびの国際化学オリンピックの成績を踏まえ、4名の高校生全員が文部科学大臣表彰を受賞しました。

 

化学や数学は世界共通。その力があれば将来世界を舞台に活躍できます。

そういったことも、子供たちに伝えたいですね。

 
国内初、micro:bitを使った小・中学生のためのオンラインプログラミングスクール

この記事を書いた人

ブログ - ピックアップ
さっそく始めてみよう!!
Let's get started
キャンペーンのご登録はこちら