Thinker!

GoToトラベルキャンペーンが始まるけど、夏休みに旅行はする?実態調査

2020/07/30

7月22日から「Go To トラベル」キャンペーンが始まりました。

夏休みが始まる今、子供を旅行に連れて行くかどうか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

インターネットリサーチを手掛けるNEXER(日本トレンドリサーチ)の調査によると、約7割の人は国内旅行をしようとは思っていとの結果が出ました。


「旅行しようと思わない」は69.0%、「旅行しようと思う」は31.1%だった。一方、旅行サイト「エアトリ」を運営するエアトリの調査によると、「Go To トラベル」キャンペーンを利用して旅行しようと考えている人は86.7%だった。2つの調査で数字に大きな隔たりがありました。

エアトリの「現在の国内旅行に対する意向を教えてください」という問いでは、45.2%の人が「キャンペーンが始まったら旅行に行こうと思っている」と回答、キャンペーン前から予定、検討中を合わせると95.5%になり、「キャンペーンが始まっても行くつもりはない」は4.5%だったとのことです。

NEXERによる調査期間は7月13~14日、集計対象人数は600人(7月16日発表)、エアトリによる調査期間は6月26日~7月13日、調査人数は7787名(7月15日発表)。いずれもキャンペーンから東京発着が除外される前の調査です。

 

「旅行しようと思わない」理由について聞くと、「コロナ感染者が増加している状況で『旅行しよう』とは思わない」「旅行に行くのはまだ早いと思う。感染者がたくさん出ている地域から地方に来てほしくない」といった新型コロナウイルスを心配する声が多数を占めた。

NEXERによると、旅行をするにあたり、新型コロナウイルスに対して88.2%の人が不安を「感じる」と回答したました。不安を感じながらも旅行をする理由は、「ずっと自粛生活をしてきて、そろそろ気晴らししたいから」「3か月後には終息しているだろうと思うから」「感染対策をして、公共交通機関を利用しないで行けば大丈夫かなと思ったから」「高齢の母に今のうちに会っておきたい」という回答があった。

子供たちのストレス、そろそろ限界まできています。

「不安に感じているけれども旅行を」という考えは、子供のためにやむなしと考えているご家庭がおおいのではないでしょうか。

 

同じ問いで11.8%の人は不安を「感じない」と回答しました。その理由として「宿泊先が、対策をしっかりと取っていると思うから」「野外の行動が多いから」「感染しても、風邪の症状で収まるだろうから」という回答がありました。

どこへ旅行に行きたいかとその理由についても聞いたところ、NEXERの調査では「北海道:景色、食べ物を満喫したい」「沖縄:今年のゴールデンウィークに予定していたが、キャンセルしてしまったから」「京都:外国人観光客が少ない今がチャンスだから」など人気の観光地を中心に国内各地の地名があげられた。

 

子供連れの旅行で、「キャンプ」を選んでいるご家庭も多いようです。人との接触を避けながら、子供たちが思い切り体を動かすことができるので、理想的な旅行かも知れません。

そのためか今、キャンプグッズが飛ぶように売れているそうです。100円ショップでもかなり広いキャンプ用品コーナーができているのを見かけました。

感染を避けながら、子供に楽しい夏の思い出を作らせてあげたいですね。

 
国内初、micro:bitを使った小・中学生のためのオンラインプログラミングスクール

この記事を書いた人

ブログ - ピックアップ
さっそく始めてみよう!!
Let's get started
キャンペーンのご登録はこちら