Thinker!

バーチャル博物館が次々誕生。自宅にいながら博物館見学に

2020/07/26

小学生の子供たちと話していた時に「いつも夏休みや春休みに、博物館につれていってもらっていたのに、今年はいけないんだ」という話題になりました。今年は夏休みが短く、新型コロナウイルス対策のため気軽に旅行にも行けませんね。

恐竜が大好きなその子を見ていて、これは何とかしたいと思いました。

そこでオンラインで展示物を見学できるバーチャル博物館を探しました。全国の休館中の博物館が、最新技術を駆使し工夫をこらした素晴らしいバーチャル博物館をたくさん開設していました。

 

今話題のバーチャル博物館

 

大人が見ていても感動するものばかり。いくつかご紹介したいと思います。

 

圧巻!国立科学博物館

国立だけあって、予算をかけて日本の威信をかけて作ったと思われるすばらしいVR映像を作っています。

https://www.kahaku.go.jp/VR/

VR映像として作られているので、専用ゴーグルが必要なのですが、3Dビューではそのゴーグルがなくても十分楽しめます。

非常にきれいな映像で、実際に国立科学博物館の中にいるような感覚になります。

行きたいところ、見たいところをクリックするとそこに進めるので、自分が歩いているよう。

大人のほうが夢中になってしまうかもしれません。

 

太古の巨大サメに会える!埼玉県立自然の博物館

360度カメラで撮影された展示物は、迫力満点。そして、館内を歩いて見学しているだけでは気が付かない展示物へのこだわりや、一押しポイントも紹介されていて、バーチャル博物館ならではの楽しみ方ができます。そして、一番人気なのは展示物の太古の巨大ザメ「カルカロドン メガロドン」に食べられる疑似体験。迫力満点です。

https://shizen.spec.ed.jp/%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%A7%E3%82%82%EF%BC%81%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%A7%E3%82%82%EF%BC%81%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E5%B1%95%E7%A4%BA%E5%AE%A4

 

 

何時間でも見ていられる、とSNSで話題。みんぱくバーチャルミュージアム

https://www.minpaku.ac.jp/museum/showcase/movie/panorama

大阪府吹田市にある「国立民族学博物館」のバーチャルミュージアムは、展示物の多さや解説までが読める解像度で、SNSで話題となりました。

世界各地の生活用具や民族衣装などを展示する、世界最大級の民俗学博物館です。

広い館内をなるべく俯瞰できるようにカメラの位置にこだわり、資料名などのパネルの文字もはっきり読めるように工夫されています。

 

今話題の刀剣・・・お好きな方はきっとハマるはず。

https://www.touken-world.jp/

2020年6月に開館予定だった、名古屋刀剣博物館が制作したバーチャル博物館です。新型コロナウイルス対策のため、快感が延期されていますが、一足先にバーチャル博物館が開館しました。

美術的価値の高い刀剣や甲冑にまつわる様々なコンテンツが紹介されています。

動画や漫画をまじえた解説がもりだくさんで、映像ひとつひとつもこだわって作られています。

 

 
国内初、micro:bitを使った小・中学生のためのオンラインプログラミングスクール

この記事を書いた人

ブログ - ピックアップ
さっそく始めてみよう!!
Let's get started
キャンペーンのご登録はこちら