Thinker!

休校期間が終わって、学校の様子はどう?高校生たちに聞いてみました

2020/07/19

新型コロナウイルス感染対策のための一斉休校が明け、1か月以上たちました。学校ではどんな様子なのでしょうか。

子どもをもつ親御さんに話をきいてみると、対応は学校によってかなり違うようで、「席にガードを作ったりなどしっかりと対策をしている」という話や、「マスクも暑ければとっていい」など少しゆるい対応をしている話などありました。

思春期を迎えたお子さんがいらっしゃる親御さんは、「子どもに学校のことを聞いても反抗期でなかなか教えてくれなくて、様子が分からなくてちょっと心配」という方もいらっしゃいました。

そこで、休校明けの学校の様子を全国アンケートを見てみることにしました。

今年6/30~7/15のあいだ、全国の高校生を対象にLINEリサーチが行ったアンケート調査です。

 

休校明けの学校の様子(全国アンケート)

 

学校の登校状況はどうなっていますか?

通常登校で、通常授業になった・・・73%

通常登校で、短縮授業・・・18%

分散登校で、オンライン授業なし・・・3%

分散投稿で、オンライン授業あり・・・3%

(全国の高校生1043人からの回答)

 

通常登校を合計すると、90%を超えました。7月に入ってからほとんどの学校が通常登校に戻ったようです。

 

学校が始まって、どんな風に感じていますか?

休校前と今とでは、学校に対する思いが変わっているのでしょうか。(複数回答あり)

 

質問.うれしいことはどんなことですか?

1位 友達に毎日会えてうれしい 女子63% 男子49%

2位 日常が戻ってきてうれしい 女子26% 男子26%

3位 部活ができてうれしい   女子23% 男子22%

4位 授業を受けられてうれしい 女子22% 男子18%

5位 制服が着られてうれしい  女子16% 男子4%

6位 恋人、好きな人に会えてうれしい 女子13% 男子13%

7位 先生に会えてうれしい  女子11% 男子11%

 

友達に会えること、日常の学校生活に戻れたことなど、これまでなら当たり前にできていたことに喜びを感じているようです。友達、先生、彼氏彼女など、親しい人に会えて、「ほっとした」「安心した」という声もありました。

 

質問. 面倒なことは何ですか?

1位 登校や教室でのマスクが息苦しい/暑い 女子77% 男子57%

2位 授業、勉強が大変     女子67% 男57%

3位 宿題、課題がめんどう   女子53% 男子49%

4位 学校までの移動が大変   女子51% 男子38%

5位 コロナ対策が面倒 女子43% 男子35%

6位 学校での人間関係が面倒  女子26% 男子18%

7位 髪のセットが面倒  女子23% 男子5%

 

友達に会えることがうれしいという回答が先ほどありましたが、「人間関係がめんどう」という回答がここにあるという、この矛盾。

好きな人に会えるのは楽しいけれども、その一方で人に合わせるために無理をしているうことなのでしょうか。

 

学校での「新しい生活様式」とは、どんなもの?

こまめに教室や部屋の喚起をする 68%

誰かと会話するときはマスクをする 67%

登校前に検温、健康チェックをする 55%

なるべく徒歩や自転車で通学する 22%

誰かと会話や食事をするときは横並びに 22%

教室の座席や人との間隔は最低1m以上あける 17%

 

学校の指導でこのルールを行っているようです。

「お昼を一人で無言で食べなければいけない」

「友達と遊んだり会話したりするとき、堂々とできない」

「マスクをつけて授業を受けるのは暑くて大変」

「マスクをしているから相手の表情がわからない」

 

こういった意見を寄せられています。高温になる今の時期にマスクをすることへの負担が非常に多くなっていました。クーラーをつけていても喚起のため一定時間で喚起をするため、涼しくないという声もありました。

 

ここまでのアンケート結果を見ると、学校が始まってうれしいという思いもあるけれども、感染対策のためのさまざまな取り組みは肉体的にも精神的にも負担になっているようです。

 

ご家庭でお子さんと接するときに、こんな思いでいるかもと参考にしていただければと思います。

 
国内初、micro:bitを使った小・中学生のためのオンラインプログラミングスクール

この記事を書いた人

ブログ - ピックアップ