Thinker!

Thinker

お知らせ

news

キャンペーン情報

campaign

休校措置により自宅学習をされている小学生・中学生のみなさんへ

この時間を新しいことにチャレンジするきっかけにしませんか?Thinker!では、こんな時だからこそより多くの小中学生の皆さんに、micro:bit(マイクロビット)のすばらしさを知り、プログラミングを始めるきっかけにしていただけたらと、キャンペーンを企画いたしました。 オンラインだから、ご自宅で安心して学習していただけます。

自宅学習応援キャンペーン第2弾のお知らせ
※キャンペーン第2弾は終了いたしました

micro:bit初級セット(税・送料込み6,050円)を無料進呈!※受講料は通常料金を頂戴いたします。

さらに、micro:bit初級コースレクチャー動画全12回(1カ月2回配信×6か月)のうち、半分の第1回~第6回(3カ月分)を一挙配信!キャンペーン終了日(5月6日(水))以降は第7回からを月2回のペース(1日と15日)で配信いたします。

対象:小学3年生~中学3年生(それ以下のお子様でも保護者様のサポートがあればお申込みいただけます)で、ご自宅にPCとインターネット環境がある方(PCのスペック等はコース紹介のページでお確かめください。)

お申込期限を延長しました!令和2年5月29日(金)まで
期間:サービス開始から令和2年5月6日(水)まで

※お申込みは、スマートフォン等からでもしていただけます。
※お申込み時、クレジットカード払いにて初級コース受講料全12回分24,000円(税抜)をお支払いいただきます。
※レクチャー動画は専用アプリダウンロード時に第1回~第6回がまとめて配信されます。
※micro:bit初級セットは順次配送いたします。通常は1週間以内にお届けしておりますが、関係各社営業状況に
より入荷・配送の見通しが立ちにくいため、遅れる場合もありますことをご了承ください。
※キャンペーン期間(令和2年5月6日)終了後は、引き続き初級コース第7回~第12回を順次配信いたします。
※お申込み多数により、予告なくキャンペーン受付終了となる場合がございます。
※小中学生またはその他の学生の学習以外の目的でのお申込み、氏名・住所等の虚偽のお申し込みは固くお断りいたします。

Thinker! とは

about Thinker!

国内初のmicro:bit学習プラットフォーム

今話題のmicro:bitを使った国内初のオンラインプログラミングスクールです。家にいながら、プログラミングだけでなく、画面から飛び出して実際のモノが動く仕組みづくりを学ぶことができます。センサーやモーターを制御したり、通信を行うなかで、実際に回路作りも行います。プログラミングはブロックエディターを使うので、小学生から始められます。ブロックエディターをマスターしたら、JavaScriptやPythonなどのテキストエディターも学ぶことができます。
是非、micro:bitを使いこなして、自分オリジナルの”モノづくり”に挑戦してください!

micro:bit(マイクロビット)
イギリス国営放送局BBCが開発し、イギリスでは全国の12歳(日本で中1生)に配布されプログラミング教育に使われているマイコンボードで、世界に広まりつつあります。日本にも2年程前に上陸し、今年に入り注目度が増してきています。その理由は、小さくて安価なマイコンボードに各種センサーや無線、ボタンやLEDなどが既に付いており、はんだごてを使うことなく簡単に回路作りをすることができるからです。プログラミングだけでなく回路作りなど「もののしくくみ」を楽しく学べる教材です。

私たちの使命

our mission

未来を担う人材に求められる能力とは、ずばり「考える力」であると私たちは考えます。
ロボットやAIが当たり前に家庭や学校、仕事場に溶け込み、身の周りの製品が常にインターネットと繋がっている世界が既に始まっています。その一方で、政治や経済、環境問題など、今現在も、そしてこの先もずっと起こるであろう様々な問題は、地球レベル・国家レベル・そして企業や学校レベルであろうと、複雑で難解であることに間違いありません。
(株)タートルエデュケーションは創業以来、理科実験教室、ロボットプログラミング教室を通して、物事を「論理的に考える力」「問題解決する力」を育む教育を実践してきました。
このような「考える力」をぜひThinker!で身につけ「想像する人」になってください。そしてたくさんトライして「創造する人」になってください。それをお手伝いするのが私たちの使命です。

Thinker! の特徴

features

自宅でいつでも受講できるオンラインスクール

プログラミングだけでなく、そのプログラムによって実際に動く「もの」がある場合、回路などはオンラインでの説明が難しい。そこで私たちはテキストにあたる部分を全て動画にします。今の子供たちは動画に慣れています。回路を作る手元も丁寧な動画にして、それを見るだけで回路作りとプログラミングができるようにします。
また、Thinker!は全てインターネット上で利用できます。会員用ページはもちろん、レクチャー動画もプログラミング画面など、全てがオンラインで利用できるようにします。レクチャー動画も各会員の入会月に合わせ、オンラインで自動配信します。
全国どこにいても、いつでも受講できるので、プログラミング教室などがない地域でも、部活や塾通いなどで忙しくても、自宅で自分のペースで進んでいけます。また、いろいろな事情で学校に通えないお子様も、自宅で気兼ねなく受講できるので、安心して始めていただけます。

Thinker!の特徴
STEM教育

STEM教育とのかかわり

STEM教育とはScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の各分野を横断的に学ぶという理数系人材を育てる教育方法です。21世紀型の成長戦略には欠かせないと、オバマ政権以来アメリカでは国家的プロジェクトとして進められています。
近年、日本でも注目され始めており、その一つの現れが大学入試改革であり、小・中・高校でのプログラミング教育必修化です。
micro:bitが教材として優れているのは、プログラミングしたことがPCの画面上ではなく、現実の動きとして反映されるため、回路やセンサー・モーターなどについて自然に学んでいけるという点です。難しく言えば物理学・工学的な知識や計算も、実際に自分の手で作るため、楽しみながら身につき、創造力(想像力)も育まれます。まさにSTEM教育を体現した教育のかたちと言えるでしょう。

鈴鹿高専 田添教授監修

全国的なプログラミングコンテストで毎年優秀な成績を収めている鈴鹿高専。電子情報工学科では、「ソフトがわかる電子技術者 ハードがわかる情報技術者」の育成を目指して、創造性を育む教育プログラムを実践しています。
このような教育方針とThinker!の思いが合致し、田添丈博教授が監修をお引き受けくださいました。

田添教授からのメッセージ
鈴鹿高専 田添教授 「コンピュータは世の中で広く使われるようになり、その知識や技術は大事になっていきます。
Thinker!で楽しみながら、基礎から勉強していきましょう!」

ブログ

blog

外出しなくても受講できる、オンラインでの習い事③...

オンラインでの習い事のデメリット  今回からオンラインでの習い事のデメリットを紹介していきます。 トラブルには自分で対応しなければならない  オンラインでのレッスンがうまくいっている常時は気になりませんが、問題が起きてし...

外出しなくても受講できる、オンラインでの習い事②...

コロナ下だからこそ?オンラインでの習い事    昨今では親が子どもの習い事にかける1年間の費用は決して少なくなく、子どもが習い事をするのは、今の時代ではもはや当たり前ようです。その手段となると、つい対面でのレッ...

外出しなくても受講できる、オンラインでの習い事①...

 ここ1週間ほど東京都内での新型コロナ感染者数が100人を超す日が続き、昨日やっと2桁に落ち着いたかと思えば、本日はなんと過去最高の224人と、感染対策には、まだまだ予断を許さない状況が続いています。  今回紹介するのは...

もっと見る
さっそく始めてみよう!!
Let's get started
会員登録はこちら